HOME プロフィール

しーどら

Author:しーどら
神奈川県西部出身
現在は東海地方で生活してます。
バイクはVTR250からCBR250R(MC19)に乗り換えました。

ブログの使い方に慣れてなく、コメントが遅かったり表示されてなかったりしますがご了承ください・・・

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

休日はなるべくバイクに乗りたい!

旧VTR250なブログ。バイクのツーリングやカスタムなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR250Rというバイク

2月にバイクを乗り換えました。
年末にVTRで転んでしまい、怪我はなかったのですが修理代が高くついてしまうということなので、乗り換えを決意しました。

車検のない250cc以下でカウルがついている4気筒モデルに乗りたかったのですが、知っての通り現在は単気筒もしくは2気筒のモデルしかありません。
よって必然的に昔のモデルになりました。そこで気になったのがCBR250RR。しかし予算が足りなかったので、もう少し昔に出たCBR250R(MC19)を買うことになりました。

特徴
・超高回転エンジン。めっちゃ回る。
・音がいい。カムギアトレーン独特のモーター音のような音。ホーネットよりも多少ワイルドな気がする。
・シートが低い。めっちゃ低い。足べったり膝曲がる(172cmが乗った時)
・軽い。VTRの乾燥140kgと同じくらい?カウルもついてるし、シートも低いのもあり、より軽く感じる

製造年は1988年ということなので、25年前のバイクになります。
今のところ何の問題もなく元気に走ってくれています。さすがホンダ。

cbr2
cbr1



見る角度によって表情が色々変わる気がします。
丸目2灯も愛嬌があっていいかもしれないですね。

VTR250 ショート管装備

久しぶりの更新になってしまいました。

今回は記事の通りVTRにショートマフラーを付けました。
今までのtowテールとは打って変わって、軽いイメージにカスタムしてみました!

ショート1

ショート2

ショート3


イメージを一新する意味でもいったんカウルは取り外すことに。艶消しブラックで塗装し、ウインカーと一体にしたビキニカウルに変更。ミラーもシャープな形状のものに変更。
リアフェンダーもざっくりカットしウインカーを貼り付け式に変更。
マフラーはメタルスピード製 スーパーショートマフラーにしてみました。

マフラーの性能は、純正と比較すると、低速トルクがかなり落ちてると思います。しかし高回転までよく回るようになるので最高速度が+15~20km/hくらいにはなったと思います。
峠などを走る際は2速、3速を常に高回転にして走ると楽しいですw
音はやや大きい音です。最初のうちは大きすぎると感じますが、慣れてくるとそれほど気にならず、逆にちょうどいいくらいの音に感じると思います。

ユーザーの多いVTR250ですが、なかなか個性的に仕上がったと思いますw

フルカウル化その後

お久しぶりです!!
年も明け、そろそろフルカウル化も一段落しましたので、現状の報告です。





前の記事では、カウルで車体を覆っていましたが、しばらく乗ってみったところ、ハンドルが干渉したり足が当たったりするなどの不具合が残っていました。
実はRS50のカウルだと、寸法がほとんどギリギリ(実は少し足りてないかも・・・)でこれ以上位置調整が不可能だと判断しました。
そこで、思い切ってカウルをカットし、ハーフカウル仕様にしました。



雪が降っていますがサイドビューです。
yuki



アンダーカウルは前から所有していたHONDA純正オプションのアンダーカウルを装着し、VTR1000Fをイメージしたルックスとしました。

ここからは3月の頭に行った伊豆ツーリングの写真と合わせて紹介します!

早朝のガソリンスタンドにて。
gaso1

gaso2




国道135号線沿いの海岸にて。
今回は友達のビラーゴ乗りと一緒です。
sakura1



河津桜祭りに行ってきました!
日曜日だけあって人がすごかったです・・・
sakura2

sakura3


石廊崎めぐりをして・・・
irou1
irou2
irou3
irou4



夕方帰宅。
kitaku



ハーフカウル仕様もなかなかさまになってると思います。
さらに改造するとすれば、次はメータをフロントカウルに取り付けるくらいでしょうか。最難関が残っています・・・

細かな改造点は、写真がそろったらUPしようかなと思います。

ではでは!!

VTR250 フルカウル化!

タイトルの通り、この度VTRにカウルをつけてみました。

やはり2年以上同じバイクに乗っているとどうしても飽きが来てしまうもの・・・・
ここらで一つ壮大なカスタムをやってみてもいいかなーと思い、決行しました。




しかし、やるにしてもネイキッドのVTRにカウルを着けるなんて至難の業!成功する自信も保証もないので、失敗してもあきらめがつくようになるべく安く済ませます。予算はだいたい一万円・・・






一万円で仕上げたらこうなりました。

1

2

3

SP忠男のtowテール+フルカウル・・・・
なんかゴツくなった気が・・・・ 






☆カウルの選定☆

今回使ったのは、アプリリア、RS50のカウルです。なんと某オークションで一式500円という破格の値段で出品されていましたwww
RS50は50ccながら車体が大きく幅もあるので、細身のVTRになら装着できるのではないかと思いました。(もしだめでも500円なら諦めもつきますw)  気になったのは状態ですが、傷だらけでしたが割れがなく、簡単な補修と塗装でなんとかなりました。鋸で削ったり、余計な穴をパテで埋めたりしながら合わせました。

4
ライトつきでした
5



☆カウルの位置決め☆

まずはカウルのフィッティングです。アッパーカウルは取り付けが難しいので、まずはサイドカウルから取り付けます。VTRのフレームにゴム板を巻きつけ、それを2本のU字ボルトと曲げ板で挟み込みます。
サイドカウルにねじ穴を開け、曲げ板に固定しました。
6


アッパーカウルの取り付け位置はフレームと離れていたので、曲げ板でステーを作りサイドカウルの先端と共締めして固定しました。
7
ミラーからのステーはタンクを止めるボルトと共締めしています。ステーが歪んでいるのはミスです・・・




☆セパハン化☆

やはり純正のバーハンドルだとカウルに干渉してしまうので、セパハンに交換しました。VTRのフォークの直径は41mmなので、オークションで汎用品を購入。
10

交換前と後では、ハンドルの高さが10cm以上違うのでかなりポジションが変わりました。

交換前です。上の写真と比べると、違いがよくわかります。
11


☆いいところ☆
・スタイルがカッコいい!
・防風効果が高い!(速度感覚マヒしそうです・・・)
・セパハンでコーナーを曲がるのが楽しい!(すごくw)
・誰も乗っていないオリジナルの一台に乗っているという優越感w
☆悪いところ☆
・重心が前に移動した為、ブレーキの時若干怖い。(前につんのめりそうになります)
・ハンドルがアッパーカウルに接触寸前。(カウルを削るなどの対策の必要あり)
・整備などがしにくい。(お店に持って行って断られないか不安・・・)
・セパハンの為、ポジションがきつい。(慣れるまで我慢します)


そんなこんなで一応完成しました。塗装は暫定で艶消し黒で塗っていますが、そのうちボディーと同じ色で塗ります。かかった金額も、オークションで安いのが手に入ったのでだいたい一万円程で出来たと思います。しかしサイドカウルの合わせ目に隙間があったり、アッパーカウルが揺れすぎてミラーが見にくいなど、問題も多く残っているので、引き続き改造を行っていきたいと思います。

久々の更新(^_^;)


まずは近所のヤビツ峠での一枚。

やびつ

この頃はHONDA純正オプションのアンダーカウルをつけていました。
しかしある日、20cmくらいの段差を無理に降りたところカウルに直撃!
取り付け部が破損しました(ToT)
車体の下部の泥よけに絶大な効果を発揮していただけに残念です・・・
ちなみに空気の整流効果(?)はあまりわかりませんねw

次に学校の友達と奥多摩ツーリングに行った時の写真です。
たしか12月だったと思うのですが、めちゃくちゃ寒かったです・・・

おくたまk

奥多摩周遊道路の入り口ですね。
友達はCB400SFとSRX250です。
にしても奥多摩・・・なんにもねぇwww

おくたまかいさん

ラストはコンビニ解散です。
ちなみにこの日、雪降りましたwww
初めての雪道走行でしたが、何とか生きて帰れましたww オン車では二度と御免ですねw

はねだ

これは羽田です。
この周辺は道がきれいでいいですねw

冬の寒い中後輩とツーリングに行った時のやつ。
さむい・・・



ゴールデンウィークには箱根行きましたね。
この時はSRX250,FTR223,ドラッグスター400と一緒でした!
峠満喫の一日でしたねw

道の駅箱根

道の駅で撮影!

芦ノ湖

芦ノ湖スカイラインで撮影!


そろそろ大型が欲しくなってきたけど、なんだかんだでまだまだお世話になるんだろうな・・・

ちょこっといじった個所があるので次回はそれを更新しようかな( ̄▽ ̄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。